• Studio attore / スタジオ・アットーレ

    Studio attore

    ヘアメイク付きの証明写真で内定率を上げる

    証明写真は奥が深い。単純にきれいに撮ればいいというわけではなく、あくまで本人らしさが出ていることが前提。写真は正面を向き、髪型も服装も就活スタイルなど、規制が多い中でどう面接官に印象づけられるかが重要で、そのサジ加減はかなり難しい。「正しくきれいに撮ることは基本ですが就活は自分を売り込むプロモーション活動。企業に合わせたメイクで顔立ちの印象を良くすることは企業側も理解しているようです」とシニアマネージャーの松本さん。証明写真の撮影プランにいち早くメイクを付けたのも『Studio attore』だ。少しでも内定を勝ち取りたい学生達は必死だが、それゆえ溢れ過ぎる情報にも翻弄される。「写真写りを良くするためにメイクを濃くし過ぎてしまったり、企業側のイメージとは異なる就活スタイルで面接に行ってしまったり、そういう意味でも写真館で証明写真を撮ることに意味があります」。第三者であるカメラマンが客観的な視点でメイクや姿勢、笑い方などもアドバイスしてくれるので実際の面接の予行練習になるからだ。もちろん、顔色を明るくするなど自然なデジタル加工も施してくれる。また、メイク教室の実施やネクタイの結び方、髪型や洋服のアドバイスもしてくれるので心強い。一生を
    左右する勝負時。証明写真を制して就活を制してほしい。


    Studio attore Photographer Ryuichi Masui 増井 龍一Photographer
    Ryuichi Masui
    増井 龍一
    北海道で写真家として活動。雑誌や広告の仕事を手がけ、90年パリのロケから帰り衝撃を受けたのがMacintosh。すぐさま導入を決め研究を行った。99年『Studio attore』を設立。コマーシャルの感性とノウハウ、デジタルを生活者の撮影に採用。人物、スポーツ・自動車・オートバイの他、料理や建築、物撮りなど撮影ジャンルの幅を広げる。現在はプロデュース業が主な仕事。2012年、2号店を渋谷にオープン。就活・婚活・オーディション、家族・記念、変身・CG・クロマキー、ポートレート・終活(遺影写真)など幅広く手がける。

     

    [cft format=1]

    ホームページフェイスブックツイッター

     

    [cft format=2]

     

    東京フォトスタジオガイド〜Studio attore / スタジオ・アットーレ

    誌面をクリックするとこのページのPDFデータをダウンロード出来ます

     

     

    LINEで送る
    Share on GREE
    Pocket

    コメントを残す