•  

    合格率に差を出す

    証明写真の違い

    一枚の小さな写真が自分の人生を大きく変える。履歴書や入学願書に添付する証明写真はそれほど大きな意味を持つ。お受験・就活用の証明写真で定評のある『スタジオ ヴィジョン』のあべけいこさんに、どんな証明写真が良いのかを教えていただいた。

    デジタル処理で
    顔を変えずに印象を変える
    合格率に差を出す証明写真の違い 「人間は中身が大切」とは言うものの就職・入学試験に書類選考はつきもの。最近では希望職種別にヘアメイクや洋服を変えて証明写真を撮り分ける学生がいるほどだ。面接官に写真だけでどれだけ自分自身の良さをアピールできるかを考えたい。そこで多くの有名私立校、優良企業への合格者を輩出する『スタジオ ヴィジョン』のカメラマンあべけいこさんに、どんな写真が面接官に好まれるのか、そのポイントを尋ねてみた。
    「NGなのはタレントのポートレートのように華美で派手すぎる写真や、無難で無個性な地味すぎる写真。好まれるのはやはり学生らしい清潔感があり、内面の良さがにじみ出るような写真ですね」。とは言うもののアングルやライティングに制約のある証明写真で本人の内面を表現するのは難しい。むしろいつもより表情が硬く、別人のように人相が悪く見える人の方が多いかもしれない。この想いは子供の頃から写真館のカメラマンになることを目指し、証明写真を見続けてきたあべさん自身も感じ続けてきたことだったそうだ。
    「きれいな証明写真を撮りたい」。あべさんは独自に研究を重ね、絶妙なレタッチ技術を構築。それこそが高合格率をたたき出す証明写真なのだ。
    「写真と実物が違って見えるのは左右の顔の違いによるもの。誰でも必ずバランスの良い正面はあるのですが、実際の撮影で“右にあと5ミリ、斜め左に3度傾けて……”なんて無理ですからデジタル技術で再現するんです」。これを不自然に見せず修正する作業はテクニックよりも感性がものを言う。「証明写真ですから顔を変えるわけにはいきません。姿勢や髪型等のバランスを整えますが、それだけでとてもきちんとした印象に変わります。あとはお化粧でできる範囲の修正。メイクポイントも教えられるので学生さんに好評です」。あべさんはこうした作業をお一人おひとり1~2時間かけて行う。「写真と実物の印象が違うという悩みは非常に深いんです。私はプロとしてお客様が人生を変える重要な写真で損をさせたくありません」。
    合格率が高いのは写真修正の技術はもちろん、この熱い想いも込められているからに違いない。

     

    お受験写真〜合格率に差を出す証明写真の違い

    合格率に差を出す証明写真の違い

    左側に傾いた顔と姿勢をデジタル処理で修正:子供の場合「姿勢をまっすぐに」「動かないで」等、リクエストを加えると意識が一方だけに集中し、表情が暗くなりがちだ。こちらは本来の元気な表情を活かし、顔の向きや姿勢をごく自然に修正。微細だが印象はだいぶ変わる。きちんと感がありながら快活な印象に仕上げた。

     

    合格率に差を出す証明写真の違い

    髪型も顔の一部。 自然な修正で清潔感をアップ:髪の毛が長い女の子の場合、髪型も子供の個性・印象として残るため清潔感を出したい。しかし撮影前、髪の毛のセットに時間をかけすぎると子供の集中力は撮影までもたない。こちらはお下げのバランスを左右均等に修正し、子供らしい表情を撮影。愛らしく、ポジティブな印象にしている。

     

    合格率に差を出す証明写真の違い  〜就活写真

    合格率に差を出す証明写真の違い

    就活写真はイケメン写真より誠実さを重視:男性の場合、精悍な印象は重要。こちらの男性は八重歯が大きく、口を閉じると少し歪みができ、頬の筋肉が下がり気味に。デジタル処理で唇の形は変えず、自然な口元に修正し、爽やかさ、誠実さをアップ。ネクタイの微細な曲がりも修正した。

     

    合格率に差を出す証明写真の違い

    清楚で明るい美人顔で 前向きさを印象づける:こちらの女性は輪郭に対してヘアトップのバランスが悪く、顔が大きく見えるためトップのボリュームを押さえ、サイドの膨らみをアップ。下ろした髪の量を減らして小顔+きちんと感を出した。また、疲れ気味の表情を自然な修正で本来の明るさ、前向きな印象を引き出した。

    合格率に差を出す証明写真の違い Photographer
    Keiko Abe
    あべ けいこ
    写真館勤務を経て平成6年に『スタジオ ヴィジョン』を立ち上げる。当時よりデジタルカメラの特性に着目し、規制の多い証明写真にその技術を取り入れ、カメラ業界で注目を浴びる。カメラメーカー主催のレタッチ講習会などで講師を務めた実力者。就活アドバイザーの信頼も厚く、また有名学校の受験写真では合格率の高さに定評がある。

     

    [cft format=1]

    LINEで送る
    Share on GREE
    Pocket

    コメントを残す