• ピクチャーコレクション六本木

    Picture Collection

    シンプルで存在感ある仕上がり、飾りたくなる記念写真を

    人気誌「CanCam」(講談社)や「流行通信」(INFASパブリケーションズ)「MISS」「家庭画報」(世界文化社)などのファッションページや広告カタログの撮影を行っていた熊倉氏が記念写真をもっと身近に感じてほしいと設立したのが『ピクチャーコレクション』。プロユースの機材にタレントなどのヘアメイクも担当するスタッフがスタイリングを行うなど、プロのモデルになった気分で撮影に臨める環境が魅力的だ。写真は背景がバックグラウンドのみのシンプルなアメリカンスタイル。味わいある重厚感が映画に登場しそうだ。「小道具を使わないってごまかしがきかない分、難しいんです。だから被写体が魅力的に写る角度はどこか、ポーズや表情、ライティングを変えながら見つけていきます」。スタジオが六本木ヒルズ近くということもあり利用客の多くが有名芸能人や近隣に住む外国人たち。“このテイストの写真を日本で撮れるのはここだけ”と評判がいい。「撮影中はとにかくお客様とどれだけコミュニケーションをとれるか。心を開いてもらえると見せる表情も違いますから」。できあがった写真を見て喜んでもらえることがこの仕事をしていて何よりもやりがいを感じることなのだと教えてくれた。


    Picture Collection Photographer Yasushi Kumakura 熊倉 徳志Photographer
    Yasushi Kumakura
    熊倉 徳志
    通信社の写真部にアルバイトとして勤務。戦場を渡り歩く報道カメラマンに大きな刺激を受けカメラマンを目指す。その後、ファッションカメラマンのアシスタント、イギリス人のカメラマンの元で修業を重ね、イギリス、アメリカ、フランスでの撮影現場を経験。帰国した23歳の時に独立し、フリーカメラマンとして活動する。記念写真を気軽に撮れるスタジオとして2004年『ピクチャーコレクション』を設立。大手広告代理店、ファッション雑誌の撮影ほか、個人の家族写真、記念写真も受け付けている。

     

    [cft format=1]

    ホームページブログ

    東京フォトスタジオガイド

    誌面をクリックするとこのページのPDFデータをダウンロード出来ます

     

    LINEで送る
    Share on GREE
    Pocket

    コメントを残す