• hair make&photo studio 250 / ヘアメイク&フォトスタジオ250

    hair make&photo studio 250

    普段以上に自分らしい!? そんな表情が飛び出すかも

    ナチュラルな表情を撮ってほしい。そんなリクエストが多いという『studio 250』。普段から新人モデルやタレントの宣材写真、結婚相談所に登録するプロフィール写真などの依頼が多いせいか、自然体の笑顔やグラビア誌のようなテイストが得意だ。「新人タレントさんの場合、売り出す方向性が決まってない場合が多いので、個性を強く出すより誰にでも受け入れられる雰囲気を出すのが大事。撮影に慣れているわけでもないので、けっこう大変なんです」。だから、とにかくコミュニケーションをとって気持ちをほぐす。緊張を解かなければ素の魅力が見えてこないからだ。「そういう意味では素人の方を撮るのも同じ感覚でいます」。カメラマンはコマーシャル系出身者がほとんどで、ヘアメイクも雑誌グラビア、企業広告、PV、舞台、ファッションショーで活躍するスタッフが常駐しているため本格的グラビア撮影も可能だ。また女性カメラマンもいるので最近ではマタニティフォトやヌード撮影も増えているとのこと。

     

    hair make&photo studio 250 Photographer Takeshi Suzuki 鈴木 武Photographer
    Takeshi Suzuki
    鈴木 武
    写真作家活動を主としながら石川洋司に師事。デザイン会社撮影部にてファッションカメラマンとして広告を撮影。2012年『studio 250』入社。主に宣材、グラビア、広告等の撮影を担当。
    hair make&photo studio 250 Photographer Toshiaki Noe 野江 利亮Photographer
    Toshiaki Noe
    野江 利亮
    アルミ建材のトップメーカーに勤務しながら海に集う人々のスナップを撮り続け、コニカギャラリーの「新しい写真家」シリーズで個展。2005年よりカメラマンとして活動し、2007年『studio 250』設立。ポートレートを中心に雑誌グラビア、子供スナップなど幅広く担当。
    hair make&photo studio 250 Photographer Tadayuki Murayama 村山 忠行Photographer
    Tadayuki Murayama
    村山 忠行
    テキスタイルデザイナーとして活動後、フリーでショップディスプレイ制作、壁画制作、アンティークショップ経営などを行うが、友人のカメラマンアシスタントを経て、カメラマンに転身。スナップ、プロフィール、コンボジット中心に撮影を担当。『studio 250』の代表も務める。

     

     

     

    [cft format=1]
    ホームページツイッターブログ

    東京フォトスタジオガイド

    誌面をクリックするとこのページのPDFデータをダウンロード出来ます

     

     

    LINEで送る
    Share on GREE
    Pocket

    コメントを残す