• FUN WEDDING / ファンウェディング

    FUN WEDDING

    大切な一日を残すフォトアルバムは感動が目白押し

    小林氏が老舗写真館のスタジオカメラマンとして経験を重ね『FUN WEDDING』を立ち上げたのは今から7年前。「当時のブライダル写真はアルバムのフォーマットに合わせて撮影することが多くてどれも同じという印象。自分はもっと面白くできると思ったんです」。写真館スタイルの全体にピントを合わせる規則正しい写真ではなく、背景をぼかしたイメージ重視のカットや後ろ向きで外を眺める花嫁。何気ないワンシーンにアートを取り入れた小林氏の写真は業界でも高く評価され、「ウェディングフォトアワード2010」で金賞を受賞。「ジャパンウェディングフォトグランプリ2012」では2年連続受賞を果たした。
    「結婚式・披露宴の時間は約5時間弱。短くもせわしなく進行していく中で新郎新婦が見せる一瞬の笑顔や感動のシーンがあります。それを逃さず撮影していくとただの記録写真から思い出が蘇る写真になるんです」と小林氏。そうしてできるフォトアルバムは涙あり、笑いありのドラマチックな仕上がりになる。


    FUN WEDDING Photographer Masashi Kobayashi 小林 正嗣Photographer
    Masashi Kobayashi
    小林 正嗣
    「ホテルニューオータニフォトスタジオ」を経て2006年「Fine Pictures」設立(現在『FUN WEDDING』に社名を変更)。ブライダルを中心に子供・ペット・ファミリーフォト等の撮影を行う。和装のポーズ付けなど着物の扱い方に評価が高く、講師も務めるほど。「とにかく楽しんでもらうことを大切に」と話す小林氏の写真が持つ「記録」としての側面と「アート」としての写真を調和させた作品には定評があり、女優・神田うのをはじめ、コマーシャル等で活躍するファッションモデルのウェディングフォトも数多く手がける。

     

    [cft format=1]

    ホームページブログフェイスブック

    東京フォトスタジオガイド〜FUN WEDDING / ファンウェディング

    誌面をクリックするとこのページのPDFデータをダウンロード出来ます

     

     

    LINEで送る
    Share on GREE
    Pocket

    コメントを残す