• TO LIGHT BEYOND HARUO HARAMAKI

     

    TO LIGHT BEYOND HARUO HARAMAKI

     

    原槇春夫のメッセージ

    写真家・原槇春夫のライフワークは平林寺。
    1375年創建、武蔵野・野火止台地に13万坪。
    禅修行の道場を持つ古刹。思わず息をのむような武蔵野の大自然がそのままに残っている。
    原槇春夫が撮る平林寺は、深き哲学、極められた美等が混然一体、膨大な情報量となって内在している。ここでは「その先の光」をテーマに3点の作品をピックアップ。行く手を阻むかのように屹立する樹木、雪がかぶさり挑みかかるような樹木、緑をしたたらせ、まるで近づくなと叫ぶような樹木。しかしその先には、必ず光が差し込んでいる。
    樹木は苦難、光は希望のメタファー。
    今を生きる人たちへの原槇春夫からの励ましのメッセージと感じられてならない。前に進んでみよう、その先には必ず光があるからと。

     

    TO LIGHT BEYOND HARUO HARAMAKI

     

     

    TO LIGHT BEYOND HARUO HARAMAKI

    Photographer
    HARUO HARAMAKI
    原槇 春夫 1948〜


    1970年 渡辺義雄に師事
    1973年 写真集「多摩川」
    1992年 写真集「古刹」
    1997年 写真集「神顕つ山」
    2003年 写真集「美しき瞑想-平林寺-」
    2011年 写真集「平林寺-水の章・色の章・仏の章」

    LINEで送る
    Share on GREE
    Pocket

    One Response to 原槇春夫のメッセージ 〜 TO LIGHT BEYOND

    1. 弘兼加奈子(ひろかね)
      2015年12月2日 at 8:28 PM

      平林寺のお写真、感動しました。期間中何度も足を運んでいます。会場にいるだけで癒されます。

    コメントを残す