•  

    何気ない、ありふれた平凡な日常こそが黄金の輝きを放つ幸せなひと時であると
    誰もが3.11以降は考えるようになってきたのではないでしょうか。

     

    そんな普通の日々の、普通の日常を切り取り「画像」として残しておきたい。
    でも残念ながら腕のいいフォトグラファーとなかなかめぐり会えない。
    そのミスマッチを埋めるため『東京フォトスタジオガイド』をつくりました。
    ページをめくると待っています。
    平凡な日常を「永遠」に昇華させ、切り取ってくれる一流フォトグラファーたちが。
    素晴らしき出会いを祈りつつ……

     

     

    カテゴリから検索

     

    コマーシャルフォトグラファー写真館レンタルスタジオ

     


     

    Special Contents【スペシャルコンテンツ】

    松川 コウジ(松川コウジ写真事務所)

    アナザーサイドオブ フォトグラファー

    日々、写真を撮り続ける彼らは仕事から離れた時、何を見つめているのか。フォトグラファー達のプライベートをのぞく、完全オフィシャルなフォトグラフィーを公開。
    TO LIGHT BEYOND HARUO HARAMAKI

    原槇春夫のメッセージ 〜 TO LIGHT BEYOND

    写真家・原槇春夫のライフワークは平林寺。1375年創建、武蔵野・野火止台地に13万坪。 禅修行の道場を持つ古刹。思わず息をのむような武蔵野の大自然がそのままに残っている。
    アートの達人に学ぶ 写真を飾る愉しみ

    アートの達人に学ぶ 写真を飾る愉しみ

    写真は飾ってこそ価値がある。そこで海外の家でよく見かける写真の飾られた部屋を真似てみるのだが、どうもしっくりこない。その原因は何か。写真をインテリアとして愉しむ法則をアートディレクターの石橋氏に教えていただいた。
    Photo by Kazuko Wakayama 若山 和子

    国際映画祭公認フォトグラファー若山和子が語る、写真を撮るということ

    カンヌ・ベルリン・ベネチアの3大映画祭に10数年来参加している、唯一の日本人フォトグラファーが日本に帰ってくる!20年近くも暮らしたパリを離れ、なぜ日本に活動拠点を移すのか。その胸中を語っていただいた。
    s-142-biju-1011

    東京都写真美術館を 散策しよう

    グローバルな作品の数々に刺激!東京都写真美術館を散策しよう。写真と映像の美術館として国内唯一の専門美術館。恵比寿ガーデンプレイス内にあり、身近に質の高い作品と出会えるアートスポットだ。
    s-142-reki-a-11

    幕末から現代に続く〜肖像写真・ 写真館の 歴史

    デジタルカメラやカメラ付き携帯電話の出現で、すっかり身近な存在となった写真。人生の節目に記念写真を撮るようになったことから、写真館の歴史が始まった。欧米から写真技術が入ってきた幕末から現代までの約150年の間に大きく変わった、写真と日本人の関係性について振り返ってみよう。

     


     

    Take such a Photograph【フォトグラファー達にリクエスト〜こんな写真を撮りたい】

    写真スタジオ hollyhock〜フォトピタリティ! ベビー&キッズポートレート

    フォトピタリティ! ベビー&キッズポートレート

    最近、キッズポートレートを撮影する家族が増えている。泣いたり、笑ったり、夢中になって遊んだり、世界で一番かわいい我が子をコマーシャルフォトのようにカッコよく写真に残してみてはいかがだろうか?
    素顔館〜自分のため、家族のために残したい 遺影写真

    自分のため、家族のために残したい 遺影写真

    超高齢化社会の現代、「終活」「エンディングノート」が話題だ。特に自分が亡くなった後も飾られ続ける「遺影写真」は生前に撮っておくと、自分のためだけでなく、家族のためにもなるのだ。
    スタジオビジョン〜合格率に差を出す証明写真の違い

    合格率に差を出す証明写真の違い

    超高齢化社会の現代、「終活」「エンディングノート」が話題だ。特に自分が亡くなった後も飾られ続ける「遺影写真」は生前に撮っておくと、自分のためだけでなく、家族のためにもなるのだ。
    一般社団法人 日本ウエディングフォトグラファーズ協会

    ウエディング フォトグラファーという存在

    結婚式は二人にとって人生を共にスタートさせる記念日。幸せな一日の記録をカメラマンに依頼する新郎新婦は多いが、そのカメラマンは、プロのウエディングフォトグラファーなのだろうか?
    こんな写真を撮りたい〜変身ポートレート

    こんな写真を撮りたい〜変身願望 desire to change

    楽しく別世界に行けるのが変身ポートレート。 カメラを向けられることが苦手だった自分が、次第にシャッター音が快感に変わっていく……! こんな不思議感覚は、一度体験するとやみつきになるはず。

     


     

    Photographer’s Eye【写真家の視点から見た 被写体の技術・写真家の技術・写真家の実力】

    写真家の視点から見た被写体の技術

    写真家の視点から見た 被写体の技術

    プロのカメラマンだからといって誰もがモデルのような写真に仕上げてくれるわけではない。いい写真は、カメラマンの技術+被写体の技術が合わさって、初めて完成するのだ。
    写真家の視点から見た写真家の技術

    写真家の視点から見た 写真家の技術

    目指す人物像が具体化してもそれを写真に表現するのはカメラマン。柔軟な発想力と写真技術を持つカメラマンでなくては、せっかく学んだ「被写体の技術」も活かされない。
    写真家の視点から見た写真家の実力

    写真家の視点から見た 写真家の実力

    ここでは、特集の総監修をしていただいた写真家・曽田啓之氏の作品を見ながら、プロのカメラマンが撮影した写真の狙い、テクニックを学んでいきたい。

     


     

    Take a Family【写真館で家族写真を撮る】

    Family photograph  01〜渡部さん

    渡部さんご家族の場合

    「私たち結婚式が洋装だったので、和装を撮影してくれる写真館を探して撮ってもらったのが家族写真の始まりでした」と教えてくださったのは奥様の渡部みはるさん。「雑誌で探していたら...
    Family photograph  02〜米田さんご家族の場合

    米田さんご家族の場合

    家族写真は14年目だと教えてくれた米田さんご夫妻。「たまたま写真館のウインドウに展示されていたご夫婦の家族写真を見たんです。お二人の新婚から始まってお子さんが誕生...
    Family photograph  02〜米田さんご家族の場合

    大沢さんご家族の場合

    11月の結婚記念日に毎年家族写真を撮っているという大沢さんご家族。きっかけは奥様の洋子さんが街の写真館で家族写真を撮り続けているというテレビ番組を見たことからだったそう。「自分が子供の頃...

    LINEで送る
    Share on GREE
    Pocket